ちょい投げ釣り 紹介

釣り雑記

ちょい投げ釣りとは砂浜や堤防から「ちょいっと投げて釣る」釣法です。
手軽さが魅力の釣法で、道具は揃えるのも簡単で初心者向けの扱い易い仕掛けも多数あります。

ちょい投げで釣れる魚種は投げ釣りで釣れる魚種と同じです。

違いは、簡単に言うと飛距離の差です。

人気のターゲットは主にシロギス、マハゼ、カワハギ、メバルといったところです。

キス
ハゼ
カワハギ
メバル

ちょい投げ釣りの基本

エサは基本的に青イソメを使用します。

エサの付け方は頭から針を通し針の根元まで入れます。


比較的小さい魚を狙う場合は、針から1cmくらいいそめが垂れるようにして切ります。

スズキなど大きい魚を狙う場合は1匹をそのままつけてみましょう。

餌がついたらゆっくりとボールを遠投するようなイメージで竿を振り、仕掛けを投げると竿を傷めずに投げられます。

仕掛けを投げたら、まずはその場でじっとあたりを待ちます。

砂浜の場合はゆっくりとリールを巻いて、魚のいるポイントを探ります。

駆け上がりといわれる海底に変化のある所に魚が付いていることが多いです。

竿がブルブルっと振動したら魚がかかった証拠です。

竿を45度に立ててそのままリールを巻きます。

キスやマハゼなどの小さい魚や砂浜の場合はそのままリールを巻いて大丈夫です。

堤防で大きな魚がかかった場合は、タモ網が必要になります。

他には、仕掛けを投げて、釣竿から出る道糸のたるみを取り糸が張った状態で置き竿にして待つ釣り方もあります。

喰ってこなければ、リールを巻いて仕掛けを移動させます。

当たりがあれば、竿がしなるので竿を立てて巻いてきます。

巻き上げの速度は、速すぎても遅すぎてもいけません。

適度な速さで巻きます。

釣果を伸ばすには、投げる方向や距離を変えたり、思い切って場所を移動するのもよいです。

竿とリールのおすすめ

ちょい投げ釣りは、軽く投げるだけなので、本格的な投げ竿を用意する必要はありません。

もちろん投げ竿でもよいのですが、硬すぎたり、長すぎたりすると、逆に釣りにくいです。

そのため、コンパクトロッド、エギングロッド、シーバスロッドなどがおすすめです。

オモリ負荷が10~15号で、竿の長さは2.4~3.6mが使いやすいです。

ナイロンラインの3号が100m以上巻ける2000~3000番のスピニングリールがおすすめです。

ナイロンでも十分ですが、PEの場合は0.8~1号でリーダーとしてフロロカーボンの3号3~4mセットしておきます。

初心者は、ちょい投げ専用の仕掛けも販売されていますので、セットになった市販の仕掛けをおすすめします。

ささめ針 ちょい投げセット K-017 (キス 仕掛け)

価格:330円
(2021/12/24 16:38時点)
感想(1件)

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

 茨城のちょい投げおすすめ釣り場 3選

国内最大級の釣り動画サービスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました