涸沼川(大貫橋) 涸沼湖 釣り場情報

釣り場紹介

涸沼川と涸沼は海とつながっている汽水域のため、釣れる魚種は多種多様です。

ポイントAの涸沼川(大貫橋)メインターゲットはチョイ投げ釣りでのセイゴやフッコ、ハゼになります。

ポイントBの涸沼湖は有名なシーバス釣りポイントでランカーサイズのシーバスが狙え、釣り番組の取材が頻繁に行われるほどです。

涸沼川(大貫橋)涸沼湖で釣れるターゲット

1.セイゴ フッコ シーバス

セイゴはシーバスが親サイズであると子供サイズのことを指します。

同じ魚種ではありますが30cm程度までのサイズをセイゴと呼び60cm程度までをフッコそれ以上をシーバス(スズキ)と呼びます。

2.ハゼ

ハゼ釣りは6月末頃から楽しめ、11月頃まで釣れます。

20センチを超える大物も狙え、簡単に釣れるのでファミリーフィッシングでもおすすめです。

3.サッパ

涸沼川ではジグサビキでサッパ釣りが楽しめます。

 4.クロダイ(チヌ)

涸沼川(大貫橋)では夏季にチヌ釣りが楽しめます。

エサはオキアミ、ぶっこみ釣りです。

5.サヨリ

涸沼川(大貫橋)では4月下旬~5月中旬に30㎝程度のサヨリが釣れます。

涸沼自然公園の施設

涸沼の北側にはテントを持ち込めるテント場やバーベキュー場、サッカーやテニスができるレクリエーション施設、自然の景観を楽しめる各広場があり、駐車場やトイレもあります。

キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

涸沼自然公園

国内最大級の釣り動画サービスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました